人を乗せる仕事

ドライバーの仕事と言われてまず思いつくのが、バスやタクシーなどの人(旅客)を乗せる仕事ではないでしょうか。バスといっても観光バスから路線バスまで様々な仕事がありますし、タクシーも最近ではいろいろ特色のある仕事が増えてきました。ここでは人を乗せるドライバーの仕事について必要な情報をお伝えしたいと思います。

人を乗せるドライバーの仕事の種類

人を乗せるドライバーの仕事に必要な資格

人を乗せるドライバーの仕事の注意点

物を載せるドライバーの仕事

物を載せるドライバーの仕事の種類

運送業界で働きたいと考えている場合にはドライバーになるのが一般的ですが、どのような物を運ぶことが多いのか気になるという人も多いでしょう。運送ドライバーは食料品と宅配物を運ぶことが多いとされています…

Read More

物を載せるドライバーの仕事に必要な資格

ドライバーの求人と言っても、業務が運転だけではない職種がありますよね。例えば運送業では、運ぶ物資を車に詰め込む作業も求められるため、比較的体力が必要な仕事でもあります。その運送業に携わるためには運…

Read More

物を載せるドライバーの仕事の注意点

長距離トラックの仕事を選ぶ際には拘束時間に注目しよう

物を載せるドライバーの仕事の中でも待遇が良い長距離ドラックのドライバーは、体力や運転技術に自信がある人のあいだで選ばれる傾向があります。こうした仕事を選択する場合には、勤務先の事業方針やドライバーの人員によって異なりますが、労働時間の他に拘束時間が長くなることがあります。そのため、求人に応募をする際に十分に休息を取れるかどうか確認することが大切です。また、拘束時間中の手当については、年収に大きくかかわってくるため、各地で評判が良い運送会社の手当の金額や支給条件に注目をしましょう。なお、プライベートの時間を少しでも充実させたい人であれば、定時で仕事を終えることができる運送会社を選ぶことがおすすめです。

荷物の運搬に伴うケガや事故に備えよう

トラックドライバーとして荷物の運搬の仕事に就く際には、荷物の重量によって腰や肩を痛めたり、商品の破損などのトラブルが発生しやすくなったりすることがあります。そこで、安心して業務をこなすために、トラックドライバーを対象とした業務研修が充実しているところや、一連の業務に慣れるまで先輩ドライバーにフォローをしてもらえるところを勤務先に決めると良いでしょう。トラックドライバーの働き方は、勤務先や事業内容に大きく左右されますが、大型トラックの運転の経験がない人は、契約社員として勤務を開始して、将来的に正社員を目指すという方法もあります。その他、労働環境の良し悪しは、同じ会社で長く務めるうえで大事なポイントとなるため、面接時に不安な点を質問しましょう。

>

ドライバーの求人は職安で探そう!